| main | 美容外科手術、整形 >>

スポンサーサイト

  • 2008.05.17 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


卵巣がん:女性の美容と健康

卵巣がんは、卵子を作ったり女性ホルモンを分泌するなどの大切な働きをしている卵巣に発生するがんです。

卵巣がんは、別名をサイレントキャンサー(静かながん)とも呼ばれているように、卵巣がんがある程度まで進行しないと自覚症状が現れにくいという特徴があります。

卵巣がんの主な自覚症状としては、お腹が張った感じがする、下腹部に圧迫感を感じる、トイレが近くなる(頻尿)、便秘がひどくなる、などがあります。

しかし、この様な自覚症状が出たときには、卵巣がんが既に進行している事もあり、卵巣がんは治癒率も低くなっています。

卵巣がんは、子宮頸がんのように直接確認したり細胞を採取したりする事ができない為、定期的に検診を受けて早期発見に努める事が望まれます。

卵巣がんは排卵回数が多いほどなりやすいとも言われており、以前に比べて女性が妊娠する回数が減ったり、晩婚化などによる生理の回数が相対的に増えている事が、卵巣がんの増加傾向の原因の一部にもなっているようです。

その他にも、遺伝、生活習慣の欧米化、女性も社会進出したことによるストレスの増加、なども卵巣がんの発生増加の原因の一部となっているようです。

早期発見が望まれる卵巣がんですが、卵巣がんの検査には、卵巣の腫れなどを調べる内診や超音波によるエコー検査の他に、採血をしてCA125と呼ばれる腫瘍マーカーの値を調べる検査等があります。

これまでに妊娠や出産をした経験がない、卵巣がんや乳がんになられた家族がいる、生活が不規則で食生活も乱れがちである、職場や人間関係で過度のストレスを感じている、などの方は、子宮頸がんと同時に卵巣がんも定期的に検査をされると良いでしょう。

スポンサーサイト

  • 2008.05.17 Saturday
  • -
  • 00:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM